<<当店で用いる本の名称>>  
  1. 状態表記
◆ 「美本」 … 非常に良い状態。新刊ではありませんので、ご理解下さいませ。

◆ 「良本」 … 全体的に良い状態。経年劣化(少ヤケ・少スレなど)がある場合は、明記いたします。

◆ 「並本」 … 経年劣化が目立つ状態もしくは、一部劣化状態が目立つ(ヤケ・傷・破れなど)が
ある状態ですが、ひどい状態ではない状態です。

◆ 「難有本」 …劣化状態が大きい状態ですが、閲覧・読むのに問題が無いものです。
社会的に価値のあると判断いたしましたもの以外は取り扱いません。


・ 特記が無い単行本は、「カバー付き」です。

・ 状態表記はスタッフの「主観」が入ります。状態などについてご心配の方は、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。
写真を添付など、誠意をもって対応いたします。

・ 状態表記の漏れ、見落としなどがございましたら、ご連絡下さいませ。誠意をもって対応いたします。返品も承ります。
 
2. 本の名称

<<当店使用の用語>>

・折れ込み(折れ込み): 製本の裁断ミスにより、ページ角が三角状に折れ込まれてしまったもの

・角折れ(かどおれ): 読み手がブックマーク代わりにページ角を三角状に折ったもの

・本体(ほんたい) :箱の中の本全体を指す
・本文(ほんぶん) :文章などが書かれている部分

・落款(らっかん):著者印のこと
・遊印(ゆういん): 姓名や雅号以外の、使用者の好きな文字を入れた印のこと

・下札(したふだ):古本屋が使用する販売用の売価札。裏表紙見返しページに貼り込んであります。

・トリミング: 文字のサイズを、淵をカットして小さくすること


<<難の表示>>

・ヤケシミ: 経年のヤケによる斑文様のシミ(水シミとは違う)
・水シミ: 、飲料などによる水シミ
・ムレ: 湿気によりページなどが波打つ状態

・識語(しきご): 著者が書き入れた詩歌・句以外の目的をもった書き込みに使用
(一般には、著者に限らず誰かが書いたその本の来歴や情報の書き込みを指す)

・為書(ためがき): 「○○様へ」と書かれたものと、著者の署名